スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りの法則

ハイエナ戦法は、
いわば、ノーリスク・ローリターンです。
ローといっても実際にはハイリターンですが。。
なぜなら、確実に毎日1%をコンスタントに取っていけば、
複利で計算すると、
結果的には、短期的にはローだけで長期的にはハイになる。。

ここで忘れてはならないのが、
損切りの法則です。
皆がどうすれば稼ぐしか考えない。
しかし、非常な市場は、
そう簡単には稼がせてくれない。
しかも非対称的な条件を余儀なく強いられるので、
絶対的勝ちはあり得ない。。

そのために、
この法則を実践しないと、
せっかく稼いだ利益が一瞬にパーになってしまう。。
リスク管理をどうするかが、
実は最も大事なポイントになってくる。。

概要は以下の通りである。

そもそも、我々のような個人投資家が、
完全競争市場の中で勝つことは不可能である。
なぜなら、そもそもの前提である完全競争市場自体が、
虚偽であるからである。
上記の根拠については何回も話してるので、
省くことにして、
そのために、我々がハイエナ戦法で勝つためには、
敗戦処理も大事な戦略になることになる。。。
つまり上手い損切り方。。。
これについても何回も繰り返して話してるので、
方針だけを書いておくことにする。

戦法の初級では資金の1%を目指すが、
中級以上をこなす人は、
日計りは2%以上、週計りは取引日の5倍、すなわち10%、
月計りは40%以上になる。
これはまた同じく損切りラインにもなる。
買うときにはあらかじめこれを計算しておいて、
そのラインでは機械的に切らないといけない。

それからもう一つ。
利食いが損切りになるのは、
当初の目標株価に依存するからしばしば起こる。
そのため、安売りになるかもしれないが、
しこりを作らないためには、
週計り候補銘柄でも2%以上あがったら利食いをし、
同じく月計り銘柄が2%以上あるいは
10%以上の値上りを達成すれば、これも利食いをする。
なぜなら、当初の目標は、
時間が経つことによって、
確率が変化してしまうからである。
常に想定を換えていかないといけない。
えろいのに、
すぐにでもあがりそうなのにあがらない場合には、
目先の悪材料を抱えていたことであることが、
後からわかってくる。。。

餌の取り方を知ってる以上、
確実な利食いを重ねて、
安売りの後悔を楽しむことで、
しこりは抱えなくなる。。。
餌はまた探せばいいので。。。。。。
とにかく、勝つこと以上に損切りも大事、大事、大事!!!

なぜハイエナ戦法かというと、
そもそも非対称的な条件での戦いが強いられてるから、
真っ向から挑んでも見込みはない。。
そうなので、
獅子達、つまり社会的な強者達が動き出すときに、
その落ちたものでも拾えると、
結果的には勝ち組にもなりうる。。

いくら素晴らしい分析をしたとしても、
我々が知り得る情報は限られてる。。
そのために、最初の分析は常に修正しないと行けない。。
だからこそ、失敗だと思われたら、
迷わず損切りをする。。
そして、またその時点で再び分析を行う。。
隠されてる、知り得ない情報抜きで、
いくら分析を行っても常に危険性を孕んでるから。。。

このようにやっていくと、
損は管理できるので、
結局は週ベースで損をしないと、
最終的にはリスクの管理も出来、
利益は増えていく。。。

ハイエナの姿勢1条、
「儲けようとせず、損をしないこと」
第2条、
「損切りは押しまず早めに」
第3条、
「安く売って、後悔を楽しむ」(もちろん安売りとは異なる)

このように姿勢のすべては、
損しないことと関わっている。。。
ハイエナ戦法で稼ごうと思うより、
まずは損しないようとする意志が先決の条件になる。
それから、
戦法による、戦略を上手く活用して、
コンスタントに利を乗せていくこと。。。
以上の点、絶対に忘れずに。。。
この戦略は、
一種のゼロサム・ゲームの混合ゲームを参考にしたもので、
獅子のように、
ナッシュ均衡解や支配戦略が存在しないわれわれは、
マキシミン戦略を選ぶしかない。。
大きなリターンは得られないにしても、
少なくとも損はしまいという強い意志でもあります。。。

いくらの資金があっても、
溶かすときは一瞬。。。。

以前、友達の話をしましたね?
バブルの頃、
光通信を500万投資して一ヶ月足らずに10倍の含み益。
当時、誰もがバラ色の未来像に酔いしれていた。。
日経は鰻登りで、
専門家たちはまだまだ腹半分だと。。。
例のテクニカル分析をしていた。
さらに上がったが、彼はまだ売らないw
十分じゃないかと言っても、聞かないw
案の定、暴落し始まったが、
それでも専門家といわれる連中は、
ただのテクニカル的な調整だとwww

彼は信用で買い増し、
下がったら、また買い増し。。。
結果は言わなくても分かるでしょう???
1億近くの利益が、いや、含み益が、
2億の借金を作ってしまった。。
もちろん、彼は破産。。。。

特殊なケースだと????
まさか。。。。。。。
当時は皆がそう思ってた。
専門家たちだけでなく、マスコミも皆も。。。

そのために、
リスク管理は、
株の時引きをはじめたなら、
最初に実践すべき大事な戦略である。。
下降相場の時には、
売りたくても一週間も値が付かない毎日のようなs安。。。
あり得ないw

資金がいくらあっても本当に一瞬で溶かす。。
株の取引は保守主義で。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

損正義

Author:損正義
永遠の30代を目指すw
(株)EIENの永遠な繁栄を目指す。皆で楽しく儲けることができる真友の結成を目指す。 損正義にメ~ル
(株)EIEN

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

英会話はエイエン!!!
banner_eien_20090530121607.gif bannerem4u.gif
ハイエナ戦法の概要
ハイエナ戦法の概要
(株)EIEN

最近の記事
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。